注射どういった方であればB型肝炎訴訟を起こすことが出来るのでしょうか。訴訟を起こすことの出来る方は二種類あり、ひとつは集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した方です。こういった感染者は一次感染者と呼ばれています。そして、もうひとつは集団予防接種によってB型肝炎に感染した母親から、母子感染によってB型肝炎ウイルスに感染した方です。こういった方は二次感染者と呼ばれています。

それでは一次感染者を満たす方は具体的にどういった方なのでしょうか。何よりB型肝炎ウイルスに持続感染しており、満7歳までに集団予防接種を受けている必要があります。そして、集団予防接種の際に注射器の連続使用があったことが必要です。さらに、母子感染ではなく集団予防接種以外の感染ルートが無いことも必要になります。これらの条件を満たすことでB型肝炎訴訟を起こす事ができるのです。

二次感染者を満たす方はどういった方なのでしょうか。何よりも二次感染者の母親が一次感染者の条件を満たしている必要があります。そして、本人がB型肝炎ウイルスに持続感染しており、母子感染であることです。これらの事実を証明することでB型肝炎給付金の訴訟を起こすことが出来ます。