自分がB型肝炎に感染していることに気づくことがあります。これによって大きなショックを受けてしまいますが、B型肝炎とはどういった病気なのでしょうか。B型肝炎とはHBVとも呼ばれるB型肝炎ウイルスに感染することで引き起こされる病気で、肝臓に悪影響を与える病気です。

それでは、B型肝炎とはどういった理由で感染するのでしょうか。B型肝炎に感染するルートは幼少時の集団予防接種が原因にあります。この際に注射器を連続使用したことでB型肝炎ウイルスに感染してしまったのです。これは国が責任を認めており、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方と母子感染した方に救済する給付金制度を設けています。

弁護士しかし、B型肝炎に感染したからといって誰もが給付金を受け取れるわけではありません。給付金を受け取るにはB型肝炎訴訟を起こさなければならないのです。それでは、なぜ訴訟を起こす必要があるのでしょうか。それは、どういったルートでB型肝炎ウイルスに感染したのか明確にする必要があるのです。集団予防接種の注射器によって感染していれば証明出来るのですが、それ以外のルートで感染しているのであれば、それ以外の感染ルートを国が証明しなければなりません。この証明は非常に難しいことから、給付金を受け取るには訴訟を起こす必要があるのです。

そのため、B型肝炎の給付金を受け取るには大きな手間があると言えるでしょう。こちらでは給付金の金額や証明方法について説明いたします。